ablogでの同日記事の並び順

このブログでは年と月でディレクトリを作ってURLをYYYY/MM/DDっぽく見せています。 後ろに「_1」を付けたのは同じ日に複数の記事を配置する場合のことを考えてました。 ただ実際に「_2」を試したわけではなかったのでやってみようかと。

で、結果、日付が同じならタイトル順で並べられました。

その日付も post ディレクティブをPythonの strptime で変換して得ているようです。

ablog post コマンドが作ってくれる雛形はこんな感じなのですが

.. post:: Jan 17, 2020
   :tags:
   :category:

時刻を書き足してもちゃんと解釈してソートに使ってくれるっぽいです。

.. post:: Jan 17, 2020 01:00:00
   :tags:
   :category:

これで安心して複数記事が書けます。 正直「_1」が無駄にならずにほっとしてます。